工業・環境・技術・安全関連

【主な国家資格】技術士/電気主任技術者/電気工事士/公害防止管理者/危険物取扱者/消防設備士/放射線取扱主任者/核燃料取扱主任者/ボイラー技士/原子炉主任技術者/臭気判定士など

電気工事士

この資格には第一種と第二種があり、第二種電気工事士は一般家庭や小規模商店など600ボルト以下の電気工事などをおこないます。第一種電気工事士は第二種電気工事士の作業に加え、工場やビルなど500キロワット未満の電気工事をおこないます。個人宅や会社などのあらゆる建物について、屋内配線・コンセントの設置・アース施工などの工事や修理を行うのが主な仕事です。住宅やお店、会社、施設など様々な建物の新築や改築の仕事がなくならない限り、また電気というものがなくならない限り、電気工事士の仕事がなくなることはありません。この資格を持っていれば、就職の幅も広がり転職にも有利です。また、経験を積んで独立開業することもできます。生活に欠かせない電気を取り扱っている仕事なので「不況に強い資格」といえます。

電気主任技術者

電気主任技術者の資格を取得すれば、発電所や変電所、工場、ビルなどの電気設備の保安監督という仕事に就くことができます。社会的評価として高い資格であるとともに、難易度も高いといえます。この資格は取り扱う電気工作物によって第1種、第2種、第3種に分かれます。第1種は全ての電気工作物を、第2種は17万ボルト未満の電気工作物を、第3種は5万ボルト未満の電気工作物を扱うことができます。例えば第3種電気主任技術者の場合は、施設の開業時に電気設備の運用や安全面などを確認し、その監督者として国に届出をします。また、定期点検やメンテナンスなどもおこないます。しかし点検結果に異常があった場合は、電気主任技術者が修理するのではなく電気工事士が修理をおこないます。日々の生活において電気は欠かせないものであるため、資格を持っていれば、就職や転職にも有利でもあり、資格手当や昇進などキャリアアップにも役立つ可能性のある国家資格です。

消防設備士

消防用設備の設置・点検・整備・工事を行い、火災などが起きないように建物の安全を守ります。家、マンション、公共施設、ホテルなどすべての建物は、それぞれの建物に応じて消火器、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等または特殊消防用設備等の設置が法律により義務づけられています。これらの工事、整備、点検などの作業は専門の資格を持った消防設備士が行います。不動産会社、ビル管理会社、メンテナンス会社などでは防災対策が重要となるため、専門的な知識が必要とされ需要の高い資格といえます。建物の消防設備がしっかりしていないと、大規模な火災となるため、火災を発生させないためにも、また災害を最小限にくい止めるためにも重要な仕事です。