IT・情報処理関連

【主な国家資格】ITパスポート/ITストラテジスト/ITサービスマネージャー/基本情報技術者/応用情報技術者/システム監査技術者/システムアーキテクト/情報セキュリティスペシャリスト/データベーススペシャリスト/ネットワークスペシャリスト/プロジェクトマネージャ/ウェブデザイン技能検定/エンベデッドシステムスペシャリストなど

基本情報技術者試験

「基本情報技術者試験」とは、平成21年4月に情報処理技術者試験制度の大幅改正により、新試験制度として「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」(試験要綱より)を証明する資格です。この試験は「情報処理技術者試験」の中の1つで、ほかに「IT パスポート試験」、「情報セキュリティマネジメント試験(H28 年より実施)」、「応用情報技術者試験」に加えて、上位の「高度試験」が9 区分あります。受験資格に条件はないため、能力に合った試験を受ける事ができます。「基本情報技術者試験」はITエンジニアにとって入門的な試験なので、プログラマーだけでなく、システムエンジニア、WebデザイナーなどIT業界で働く人に必要とされる普遍的な知識・技能があるかを問われる試験です。

応用情報技術者試験

「応用情報技術者試験」とは、平成21年4月に情報処理技術者試験制度の大幅改正により、新試験制度として「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」(試験要綱より)を証明する資格です。「基本情報技術者試験」はITの基本的知識・技能を有するかを問う試験ですが、「応用情報技術者試験」は更に上のIT技術を有するかの試験になり、難易度も上がります。また、この試験に合格すると、上位の「高度試験」を受験する際に免除措置あります。この資格を持っていると、企業の開発プロジェクトなどにおいて、情報技術を活用した計画の立案から、システムの設計・開発・テストなどプログラム開発までの一連の工程の技術が身につくため、就職に有利となります。会社によっては資格手当の対象にもなるようです。

高度情報処理技術者試験(高度試験)

この試験は情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定する国家試験です。この試験制度はスキルレベルが1〜4に区分され、レベル1ITパスポート試験」、レベル2「基本情報技術者試験」「情報セキュリティマネジメント試験」、レベル3「応用情報技術者試験」、レベル4「高度情報処理技術者試験(高度試験)」となります。このうち高度試験とは「ITストラテジスト試験」「プロジェクトマネージャ試験」「システムアーキテクト試験」「ITサービスマネージャ試験」「ネットワークスペシャリスト試験」「データベーススペシャリスト試験」「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」「システム監査技術者試験」に分けられ、目指す技術によって受ける試験が違います。これらの試験は難易度・専門性・対外的評価ともに高く、各技術分野において難関の試験といわれています。従ってIT企業やITを必要とする職種では、この試験に合格すると待遇面や、採用の条件として有利になることもあるようです。

この資格取得を目指すならこの学校

ウェブデザイン技能検定

パソコンや携帯のウェブサイト(HP)を制作するための知識や技能がどれだけあるかという検定です。ウェブデザイン技能士の試験は、「ウェブデザイン技能検定」という名前で指定試験機関が通称として使用していますが、正式な国家試験の名前ではありません。しかし厚生労働省管轄の技能検定制度にそったウェブ業界では唯一の国家資格です。知名度はまだまだ低く、現状としてはWEBデザイナーになるために必要な資格ではありませんが、ウェブ業界の唯一の国家資格であることや、近年ウェブ関連の職業は広がる傾向にあるため、将来的にウェブ業界の職業に就きたいと思っているのであれば受験してみるのも良いでしょうか。試験は3級,2級,1級と難易度があがり、全て学科試験と実技試験があります。受験条件は各等級で違いますが、3級については、ウェブの制作や運営業務に関わっている人、または将来的に考えている人が対象となるため誰でも受験することができます。